娘のミニバスケットボールの公式戦応援他について

今日は、娘が所属するミニバスケットボールチームの公式戦が行われた。5分だけ娘も出れたので、応援のし甲斐があった。1試合目は、負けてしまった。みんないつもと比べると緊張しているのか動きが悪かった。80%ぐらいのできであった。外から見ているとそんなに差があるようには見えないのだが、結局30点以上の差がついて負けてしまった。2試合目は、1試合目と全く違い、動きがとても良かった。試合結果も30点以上差をつけて勝てた。この動きが1試合目からできていれば、2勝できたのにって思った。帰ったらNHKBSでオールジャパン2017をやっていた。男子のシーホース三河対千葉ジェッツであった。接戦でとても面白かった。千葉ジェッツが勝ってくれてとてもうれしかった。試合を見てて、感心したのが千葉ジェッツの富樫勇樹選手である。身長は低いもののスピードを武器に活躍していた。シュート確率も良く、素晴らしかった。娘も、あのように動けるといいなと思った。

おでんを食べる日のご飯は白いご飯か茶飯のどちらか

寒くなってくると食べたくなるのがおでん、それぞれの家庭によって味付けや中に入れる具材などが変わったり、地域によっていろいろな種類のおでんがあり、おでんという食べ物は本当に奥深い食べ物だと思います。
おでんを食べる時に白いご飯を食べるか、おでんの日は茶飯にするかという話もよく話題に上ります。学校給食などを見るとおでんの日のご飯は茶飯である事が多く、一般家庭でもおでんには茶飯をという家庭もあります。どうしておでんに日には茶飯なのかというと、一説にはおでんは甘い味付けである事が多く、ご飯のおかずにならないからという理由があるようです。茶飯はご飯だけを食べてもおいしいので、茶飯が出てくるとそれだけでうれしいものです。
しかし、おでんをおかずにして白いご飯を食べるというのも、また本当においしいものではないかと思います。日本人に生まれたからこそ生じる、このおでんに合わせてどんなご飯を食べるかという贅沢な選択肢、食のバリエーションが豊富は日本ならではの本当にホッコリしてしまうような悩みです。