外に出かけるのに極力サンダルは履いていかない

若い頃は、夏になるととにかくサンダル履いて出かけたものです。
別にサンダルで長時間歩いても苦ではなかったからです。
でも最近は、夏でもほとんどサンダルを履かなくなりました。
まずサンダルは歩きにくいです。
長距離を歩かなくなり、運動不足になります。
フラットな靴とかスニーカーで外に出ると、ちょっと遠回りとか、スーパーのはしごとかも苦ではなくなるので、結果的にちょっとでも歩く距離が増えます。
そして、歳をとったら、なぜかサンダルで歩き続けるとかかとが痛くなるようになってしまったんです。
サンダルの形状によるものなのかなんなのか原因不明ですが、ほかの靴と違い、サンダルであまり足に良い構造のものって見かけません。
ひょっとしてすごく高価なサンダルなら足に優しいものもあるのかもしれませんが、そんなものを買う余裕はありませんし。
だったら夏だろうとちゃんとした歩きやすい靴で出かけたほうが楽です。
ウォーキングをよくするようになったこともあり、季節を問わずできるだけウォーキングシューズやスニーカーなどを履いて出かけるようにしています。