大衆雑誌は部数増やす為ならなんでもしますが基本精神なのか

食べてはいけない食品で新潮と文春との応酬が激しいみたいだが、所詮は売上を上げる目的しかないようにみえる。添加物・農薬はその発がん性や身体に及ぼすリスクは前々から言われてきてることで、そのリスクを排除しようと思ったらもうとっくに市販品の購入を控えてるはずです。まだ興味を持って読みたいと思う読者がいるのかという驚きもある。文春も過去の記事をチェックしての記事掲載で、最新の情報でも取得してたのであれば真逆の記事内容でも納得がいくのではあるが。余程記事ネタ不足に陥っているのかと思われるし、週刊誌が書くことを信じる人はどれくらいいるのだろう。信憑性の乏しさも考えたら、毎号毎号と購入し続けるものだろうか。最近の週刊誌は暴露本みたいな記者の能力低下ではないかのような記事が多すぎるように思う。ターゲットはスキャンダル好きな人達らしいようですが。低俗な中でも捏造は避けるとかもっと多岐に渡った取材が必要だと思う。ベルタプエラリア効果

最近の趣味は、純喫茶巡りをすることです。

私は前、スターバックスでアルバイトをしていたのですが、うんざりしました。マニュアルが無いと言うけれど結局、無くてもあるようなものなのです。
「スタッフ同士で良い所を見つけ合って褒め合いましょう」とか、「お客さんに聞かれる前に察してあげましょう」みたいな雰囲気が蔓延していました。
いい人アピール・コミュ力合戦・相手を思いやる・・・って反吐が出る位私の性分には合いませんでした。
体育会部の女子マネージャーみたいな、大きい声でキビキビ働いてガサツな人が多かったです。
その「お客様に聞かれる前に察すれ」って、言い方変えれば妄想なんですよね。根本的に合わなかったので、1か月もしないうちに辞めました。

しかしコーヒーやカフェは好きなので、どうしようかと思っていたところ、純喫茶と出会いました。
スタバのように色々話し掛けてこないし、落ち着いて長居できるから最高に気持ちがいいです。
本読んだり、物書きしたり、一生居たいくらい好きです。
最近の趣味は、色々な純喫茶を巡る事です・vio脱毛 脱毛ラボ